※センターホームページ内を検索します。

HOME > >

Opengate無線APの利用について

 Opengateの無線APは、Opengateの認証システムを利用しているため、無線APの暗号化通信および無線AP独自の認証などは行っていません。 そのため、無線APのSSIDを指定し無線APと接続し認証するだけで、ネットワークが利用できるようになっています。

→無線APのSSID一覧

→無線AP設置台数および設置場所

Windowsの接続手順

  1. [コントロールパネル]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を開き、[アダプターの設定の変更]を開きます。
  2. ワイヤレス ネットワーク接続の設定を、「IPアドレスを自動的に取得する」に設定します。
  3. [ネットワークの状態とタスクの表示]の[ネットワークに接続]を開き、電波が強い無線APのSSID(例えば000saga-u)を選択し、接続します。
  4. ブラウザを起動すると「シングルサインオン ログイン認証画面」が表示されるので、総合情報基盤センター発行のユーザIDとパスワードを入力します。
  5. ネットワーク利用許可画面が表示されたら、そのままの状態にします。
  6. ホームページを閲覧する場合は、ブラウザの[ファイル]の[新しいウィンドウ]を選択し、別途ウィンドウでホームページを閲覧します。

Macの接続手順

  1. システム環境設定の[ネットワーク]を開き、[AirMac接続]を選択し、[詳細]ボタンをクリックします。
  2. [TCP/IP]を選択し、「DHCPサーバを使用」を選択。[OK]ボタンをクリックし、[適用]ボタンをクリックします。
  3. メニューバーのAirMac受信状態の無線APのSSID一覧から電波が強いSSID(例えばogwap01)を選択します。
  4. ブラウザを起動すると「シングルサインオン ログイン認証画面」が表示されるので、総合情報基盤センター発行のユーザIDとパスワードを入力します。
  5. ネットワーク利用許可画面が表示されたら、そのままの状態にします。
  6. ホームページを閲覧する場合は、ブラウザの[ファイル]の[新しいウィンドウ]を選択し、別途ウィンドウでホームページを閲覧します。

 一度認証を行ったら2時間程度、ネットワークの利用ができます。なお、ネットワーク利用許可画面を終了させると再度、認証が必要になりますので、ご注意ください。

タブレット端末、スマートフォンの接続手順

  1. [設定]をタップ
  2. [Wi-Fi]をタップ
  3. [ネットワークの選択,..]に表示される電波が強い無線APのSSID(例えばogwap01)をタップ

 タブレット端末、スマートフォンをOpengate用無線LANにWi-Fi接続したときに 短時間で認証が切れてしまう場合は、総合情報基盤センターにご相談ください。

学外者の利用について

学外者の方は、受け入れ担当者と一緒に総合情報基盤センター業務室に来て頂き、ゲスト用のユーザIDとパスワードの申し込みを行ってください。手続き後、直ぐに利用できるゲスト用ユーザIDとパスワードを発行します。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。