※センターホームページ内を検索します。

HOME > >

端末用(Opengate)LAN

総合情報基盤センターでは、端末用(Opengate)LANと研究用LANに分離した学内LANを 構築しています。

端末用(Opengate)LANは、個人所有のノートPCなどを自由に接続して教育・学習に利用することを想定したもので、「端末設置申込書」の提出が不要な代わりにネットワーク 利用時毎に認証を行います。利用に際しては、総合情報基盤センターが発行したユーザID とパスワードが必要です。(学外者等にはゲスト用のユーザIDの発行も行っています。)

これに対して研究用LANでは、「端末設置申込書」を提出し従来通り責任者を明示して 利用者が特定できる場所に機器を設置していただきます。

端末用(Opengate)LANには、多数の情報コンセントと無線AP(アクセスポイント)を設置しています。ほとんどの教室に2個口の情報コンセント(最大1000Mbps)が設置されています。設置室一覧(PDFファイル)参照。
また、ほとんどの教室から電波の届く位置に無線APが設置されています。 無線LAN基地局配置図(PDFファイル)参照。

情報コンセントの利用法

情報コンセント(1)情報コンセントは、各箇所に2口づつあり、赤いラベルで「教育用」と記載されて います。
(2)通信速度は、10/100/1000Mbpsに対応しています。
(3)LAN接続ポート内蔵でないPCの場合は、LAN接続用の通信カードが必要です。
(4)ネットワークの設定は、「IPアドレス自動取得」にして下さい。
(5)情報コンセントとPCをUTPケーブルで接続して下さい。

無線LAN の利用法

Opengate無線APの利用について

無線LANOpengateの無線APは、Opengateの認証システムを利用しているため、無線APの暗号化通信および無線AP独自の認証などは行っていません。 そのため、無線APのSSIDを指定し無線APと接続し認証するだけで、ネットワークが利用できるようになっています。

→学内無線LAN(Wi-Fi)の利用案内

→無線APのSSID一覧

→無線AP設置台数および設置場所

タブレット端末、スマートフォンをOpengate用無線LANにWi-Fi接続したときに 短時間で認証が切れてしまう場合は、総合情報基盤センターにご相談ください。

学外者の利用について

研究会などで佐賀大学の教職員が学外者を受け入れる場合は、受け入れ担当者と一緒に総合情報基盤センター業務室に来て頂き、ゲスト用のユーザIDとパスワードの申し込みを行ってください。手続き後、直ぐに利用できるゲスト用ユーザIDとパスワードを発行します。

なお、学外の方はeduroamアカウントでWiFiを利用できる場合があります。詳しくは以下のリンクを参照してください。

→eduroamの利用案内

認証システムの使い方が分からない場合

認証システムのヘルプをご覧下さい。

ネットワークの設定等が分からない場合は、センター相談をご利用ください。また、情報コンセントおよび無線LANに接続しても通信ができない等のトラブルがあった場合は、業務室へご連絡ください。

既存の無線APでは電波が届かない教室もあると思いますが、そのような教室でネットワー クを利用した教育を希望する教員の方は総合情報基盤センターへご相談下さい。

狭い範囲に複数の無線APを設置した場合、電波障害が発生し通信が不安定になる場合がありますので、部局独自で無線APを設置する場合は、総合情報基盤センターとの調整をお願いします。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。