※センターホームページ内を検索します。

HOME > 利用案内 >

PC等の情報機器の節電対策

教育研究及び業務等に支障がない程度にPC等の節電対策を行ってください。

(1)PCの節電設定

  • Windows8
    [コントロールパネル]→[電源オプション]を開く
    【高パフォーマンス】を選択し、「プラン設定の変更」を開き、節電設定を行う。
  • Windows7
    [コントロールパネル]→[電源オプション]を開く
    【省電力】を選択し、「プラン設定の変更」をクリックし、節電設定を行う。
  • WindowsVista
    [コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド]→[電源オプション]を開く
    【省電力】を選択し、「プラン設定の変更」をクリックし、節電設定を行う。
  • Mac(MacOS X)
    「システム環境設定」の「省エネルギー」を開き、節電設定を行う。

(2)PCのスリープとシャットダウンの使い分けによる節電

  • 2時間程度使わない場合は、スリープ
  • 2時間以上使わない場合は、シャットダウン

(3)モニターの輝度を落とすことによる節電

  • モニターの輝度を40%に設定した場合の節電効果の実証結果

iMac(21インチモニター一体型)では、輝度100%で83w→輝度40%で51wとなり、約38%節電となった。
教育システム端末SunRay17インチモニターでは、輝度100%で26w→輝度40%で17wとなり、約35%節電となった。
Web専用端末HP17インチ モニターでは、輝度100%で28w→輝度40%で20wとなり、約29%節電となった。
事務用PCモニターには、 エコモードがあり、オフ17w→オン11wとなり、約35%節電となっており、既に実施済み。

  • モニターの輝度を落とすことで目への負担が軽減される。
  • スクリーンセイバーをオフにすることでも節電効果がある。
  • ノートPCの場合は、液晶モニターの輝度を落とすことで、バッテリィが長持ちする。

(4)その他の節電対策

  • PCを操作しない時間は、モニターの待機電力削減のためモニターの電源をオフにする。
  • 夜間や休日など長時間プリンタを利用しない場合は、プリンタの待機電力削減のため電源をオフにする。
  • ブラウン管モニターを使っている場合は、液晶モニターに更新する。

(5)MSが無償提供している「Windows PC 自動節電プログラム」 の活用

  • 節電設定がされていないPCに「Windows PC 自動節電プログラム」 をインストールし、節電対策を行う。
  • このソフトで自動節電を行うと約30%の消費電力を削減できる。
  • なお、PCメーカー独自の「電源管理ソフト」や「節電機能」があらかじめ搭載されている PCについては、PCメーカー独自のものを継続して使用する。
  1. MSが提供している「Windows PC節電策」
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/gg715287
  2. MSが提供している「Windows PC 消費電力検証結果レポート」  
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh146891
  3. 企業向けのグループ ポリシーやコマンドラインから電力設定を展開する方法  
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/windows/hh146899
  4. MSが提供している「Windows PC 自動節電プログラム」のインストール方法と設定方法 http://support.microsoft.com/kb/2545427/ja

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。