Office 365 メールの GMail 等への取り込みについて

 
GMail,HotMail の POP3 機能を利用して,Office 365 のメールデータを GMail,HotMail に取り込むことが可能です。
卒業・修了等で,個人所有PC以外の場所に Office 365 メールのバックアップを取っておきたいときに有効な手段です。

 

注意事項
  • 動作の保証は行っていませんので,実行に当たっては自己責任で行ってください。
  • Office 365 メールの取り込みができるフォルダは,「受信トレイ」のみです。
  • 「受信トレイ」以外のフォルダのメールを取り込みたい場合は,「受信トレイ」にメールを移動させてください。
  • メールの取り込み設定で「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックがない場合,転送の際に Office 365 側のメールデータが誤消去されますので,ご注意ください。
 

Office 365 メールデータを GMail に取り込む手順

 
GMail の POP3 機能を利用して,Office 365 のメールデータの取り込みが可能です。
  • GMail に web からログインします。
  • 設定(右上の歯車のアイコン)をクリックし,「メール設定」を選択します。
  • 「アカウントとインポート」をクリックします。
  • 「自分の POP3 メール アカウントを追加」をクリックし,必要項目を入力します。
  • ・メールアドレスに「学籍番号@edu.cc.saga-u.ac.jp」を入力し,「次のステップ>>」ボタンをクリックします。
    ・ユーザー名を入力します。ユーザー名は「学籍番号@edu.cc.saga-u.ac.jp」です。
    ・大学のパスワードを入力します。
    ・POP サーバーは,「outlook.office365.com」を入力します。
    ・ポートは,「995」です。
    ・「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックします。
    ・ 「セキュリティで保護された接続 (SSL) を使ってメールを取得する」にチェックします。
  • 「アカウント追加>>」ボタンをクリックします。
  • 「メールの送信もできるようにしますか? 」と表示されるので,「 いいえ (後で変更できます)」 を選択し,「終了」ボタンをクリックします。
以上の操作手順で,GMail に Office 365 のメールデータが取り込まれます。

 

※注意事項
  • 「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックがない場合,転送の際に Office 365 側のメールデータが誤消去されますので,ご注意ください。
  • この GMail の POP3 機能の短所は, Office 365 メール側の「受信フォルダ」しか対象としないので,フォルダ分けしている利用者は,「受信フォルダ」以外のフォルダのメールは転送されませんので,ご注意ください。
  • POP によるインポートは,「受信トレイ」にあるメールに対して行われますので,そのままでは Office 365 メールの「送信済みメール」を取り込むことはできません。
  • 必要な方は,次の作業を追加してください。
    Office 365 メールへサインインし,送信済みメールを,「受信トレイ」に移動したあと,GMail から POP でインポートを行うことで,GMail の「受信トレイ」へ取り込みが可能です。
    ただし,取り込まれたメールは,GMail の「送信済みのメール」としては取り込まれませんので,ご注意ください。
 

Office 365 メールデータを HotMail に取り込む手順

 
HotMail の POP3 機能を利用して,Office 365 のメールデータを取り込むことが可能です。
  • HotMail に web からログインします。
  • 右上のオプションから「詳細オプション」をクリックします。
  • 別のアカウントからの「メールの送受信」を選択します。
  • POP アカウントからの「メール受信でアカウントの追加」を行います。
  • 送受信用アカウント追加で「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。
  • 詳細オプションをクリックします。
  • 送受信用アカウントの追加で受信( POP3 )サーバー情報を入力します。
  • ・メールアドレスは,「学籍番号@edu.cc.saga-u.ac.jp 」を入力します。
    ・POP サーバーは,「outlook.office365.com」を入力します。
    ・ポートは,「995」です。
    ・「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックします。
    ・ユーザー名は,「学籍番号@edu.cc.saga-u.ac.jp 」を入力します。
    ・大学のパスワードを入力します。
  • 「次へ」ボタンをクリックします。
  • メールアカウントの画面で
  • 「新規フォルダ(フォルダ名)」または「受信トレイ」より、選択して保存します。
  • メールアドレスが追加されました。
以上の操作手順で,HotMail に Office 365 のメールデータが取り込まれます。

 

※注意事項
  • 「受信したメッセージのコピーをサーバーに残す」にチェックがない場合,転送の際にOffice 365 側のメールデータが誤消去されますので,ご注意ください
  • この HotMail の POP3 機能の短所は,Office 365 メール側の「受信トレイ」しか対象としないので,フォルダ分けしている利用者は,「受信トレイ」以外のフォルダのメールは転送されませんので,ご注意ください。
  • POP によるインポートは,「受信トレイ」にあるメールに対して行われますので,そのままでは Office 365 メールの「送信済みメール」を取り込むことはできません。
  • 必要な方は,次の作業を追加してください。
    Office 365 メールへサインインし,送信済みメールを,「受信トレイ」に移動したあと,HotMail から POP でインポートを行うことで,HotMail の「受信トレイ」へ取り込みが可能です。
    ただし,取り込まれたメールは,HotMail の「送信済みのメール」としては取り込まれませんのでご注意ください。