マイクロソフト包括ライセンス契約について

 
 佐賀大学は,日本マイクロソフトと包括ライセンス契約(Enrollment for Education Solutions)を締結しました。
 これにより,佐賀大学に在籍する教職員および学生は,佐賀大学が定める利用要領に基づいて, 日本マイクロソフトの対象ソフトウェア製品を無償で使用することができます。

 


提供開始:2014年10月1日
契約更新:2016年10月1日〜2017年9月30日,1年更新

 

対象ソフトウェア

 
佐賀大学経費で購入した PC で無料で使用できるソフトウェア製品

 1.Windows 版 Microsoft Office (主要ソフト:Word,PowerPoint,Excel,Access,OneNote)
  • Office Professional Plus 2016 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Office Professional Plus 2013 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Office Professional Plus 2010 32bit/64bit (日本語/英語)(2020年10月13日サポート終了)
  • Office Professional Plus 2007 32bit(2017年10月10日サポート終了のため貸し出し終了)
 2.MacOS X 版 Office (主要ソフト:Word,PowerPoint,Excel,Outlook)
  • Office 2016 for Mac (日本語/英語)
 3.Microsoft Windows OS (アップグレードライセンス)
  • Windows 10 Education Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Windows 10 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Windows 10 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Windows 8.1 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Windows 8.1 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)
  • Windows 8 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語)
  • Windows 8 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語)
  • Windows 7 Enterprise Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)(2020年1月14日サポート終了)
  • Windows 7 Professional Upgrade 32bit/64bit (日本語/英語)(2020年1月14日サポート終了)
 4.Core CAL (Client Access License):下記のサーバ製品にアクセスするためのライセンス
  • Microsoft Windows Server,Microsoft Exchange Server,Microsoft SharePoint Server
 

対象ソフトウェアが使用できる PC と購入・レンタルする時の注意

 
佐賀大学が所有する PC で対象ソフトウェアが使用できます。
  • 佐賀大学の経費で購入した PC (台数制限なし)
  • 佐賀大学の経費でレンタルされた PC (台数制限なし)
  • 他機関から佐賀大学に譲渡された PC (台数制限なし)
 佐賀大学所有PCで使用できる対象ソフトウェアの利用対象者には制限はありません。

 

佐賀大学経費で PC を購入・レンタルする時の注意
  • Microsoft Office を購入する必要はありません。
  • Windows OS はアップグレードライセンスですので,必ず Windows OS は購入してください。
  • Apple 社製 PC(MacOS)にも新規で Windows OS をインストールできますので,Apple 社製 PC で Windows OS を使用するユーザは Windows OS を購入する必要はありません。
  • 組み込み Windows OS(Embedded)は,アップグレードライセンスの対象 OS ではありません。
佐賀大学経費で Microsoft Windows サーバと Windows OS 搭載 PC 端末で構成されたシステムを導入する時の注意
  • Windows CAL を購入する必要はありません。
 

制約事項

 
マイクロソフト包括ライセンス契約では,佐賀大学が遵守すべきソフトウェア使用に関する制約事項が規定されています。
特に,ソフトウェアを動作可能にするためのプロダクトキーの管理については厳しい義務が課せられています。

 

利用資格の喪失と対象ソフトウェアの削除義務

 
利用資格の喪失
 本学が日本マイクロソフトとの包括ライセンス契約を解除した場合,または利用者が本学構成員でなくなった場合は利用資格を喪失します。

 

対象ソフトウェアの削除義務
  •  佐賀大学所有の PC を他機関に譲渡,並びにPCを廃棄する時は,PC の管理者(利用者)は対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  •  佐賀大学がレンタル契約している PC の契約が終了した時は,レンタル PC の管理部局(管理・運用担当者)はレンタルされた全ての PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  •  教職員,学生・院生が所有する PC を他人(家族も含む)及び業者等に譲渡,売却,並びに PC を廃棄する時は、利用者は所有する PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
  •  利用資格を喪失した教職員,学生・院生は,所有する PC から対象ソフトウェアを削除する義務を負います。
 

特典オプション「Student Advantage」,「Teacher Advantage」

 
 佐賀大学に在籍する全ての学生・院生は,マイクロソフト包括ライセンスの特典オプション「Student Advantage」が利用できます。
 また,総合情報基盤センター発行のユーザ ID を取得している全ての教職員は,マイクロソフト包括ライセンスの特典オプション「Teacher Advantage」が利用できます。
 この特典オプションは,学生・院生及び教職員が個人で購入した PC に対象ソフトウェア( Officce 365 ProPlus クラウド型,Office 2016 for Mac )を,無料でインストールして使用できます。
 詳しくは,「学生・院生向け利用案内」及び「教職員向け利用案内」を参照して下さい。

 

教育機関向けの「Dream Spark Standard」特典

 
日本マイクロソフトの教育機関向けの「Dream Spark Standard」特典が無償で利用できます。
詳しくは,「教職員向け利用案内」を参照して下さい。

 

教職員対象の特典オプション「自宅使用プログラム(HUP)」

 
 佐賀大学に在籍する教職員は,マイクロソフト包括ライセンスの特典オプション「自宅使用プログラム(HUP)」が利用できます。
 この特典オプションは,教職員が自宅に所有する PC 2台に有料で対象ソフトウェア(Microsoft Officce)をインストールして使用できます。
 詳しくは,「教職員向け利用案内」を参照して下さい。
 

公開講座等での対象ソフトウェアの利用

 
 佐賀大学が保有する施設内に設置された PC であれば,大学主催のIT講習会等の行事(有償・無償を問わず)の一般参加者,図書館等の一般利用者は,すべて一時的な佐賀大学構成員と見なされ,対象ソフトウェアを利用することができます。
 また,災害時の避難場所として利用される際の共用 PC 等でも利用できます。