※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

1. 学情センターで行っている MS ブラスト感染防止対策
2. 学部学科等で行う MS ブラスト等のウィルス感染防止対策
3. ポートスキャンによる学内 LAN 接続 PC のセキュリティチェック
Center News No.63
2003.9.16
http://www.cc.saga-u.ac.jp/
問い合わせ:業務室(8592)
 センター相談:8 月 9 日∼ 9 月 21 日は休み
パスワード変更 URL
https://intauth1.edu.cc.saga-u.ac.jp/
1. 学情センターで行っている MS ブラスト感染防止対策
 8月下旬から学内で悪質なウィルス MS ブラストの被害が増えているため、学情センターでは下記のような
MS ブラスト感染防止対策を行っています。
(1) 8月18日(月)9:00 にファイアウォールで学外から学内、学内から学外の 135 ポートを閉じ、MS ブラ
ストの学外からの侵入と学外への流出を防いでいます。
(2) センターニュース No.61(8/21 発行),No.62(8/29 発行), センターホームページで MS ブラストに対する
注意を行っています。
(3) MSブラスト特有の通信を監視しており、MSブラストに感染したPCを発見したら、直ちに管理者に連絡
し PC をネットワークから切り離し、MS ブラストの駆除を行ってもらっています。
(4) OS のセキュリティパッチファイルと最新のウイルス駆除ツールを用意し、フロッピィ等による配布を
行っています。
(5) AntiVirus の貸し出し用 CD-ROM を増やしました。
(6) 学内 LAN 接続の申し込みがあった場合は、MS ブラストに対する注意と OS のセキュリティパッチファイ
ルを配布しています。
 
2. 学部学科等で行う MS ブラスト等のウィルス感染防止対策
 学部学科及び研究室(講座)などで下記の MS ブラスト等のウィルス感染防止対策を行ってください。
(1) 教職員及び学生が所有しているPCでWindows2000,XP,NT搭載のPCを全て把握し、MSブラスト等のウィ
ルス感染を防ぐためのセキュリティパッチをOSに当てているかを確認し、OSにセキュリティパッチを当
てていない場合は、セキュリティパッチを当ててください。
(2) 学部学科等で所有している全てのPCは、複数のウィルス駆除ツールを実行しMSブラスト等のウィルス
感染の有無を確認してください。なお、ウィルスに感染している場合は、駆除されます。
(3) 学内 LAN に接続する PC は、学情センターがサイトライセンスしている AntiVirus をインストールしパ
ターンファイルを定期的に更新するなど日常的にウィルス対策を行ってください。
 
3. ポートスキャンによる学内 LAN 接続 PC のセキュリティチェック
 学情センターでは、MS ブラスト感染防止対策の一環として 135 ポートをポートスキャンし OS にセキュリ
ティパッチが当たっていないPCを調査します。なお、セキュリティチェックの効率化のためping発信などそ
の他のアクセス方法を用いる場合もあります。セキュリティパッチが当たっていないPCを発見した場合は、セ
キュリティパッチを当てるように PC の管理者に連絡しますので、ご協力をよろしくお願いします。


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。