※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

1. 本学におけるネットワーク利用環境等に係る調査について
2. オンラインシラバスシステムについて
3. ウイルス「MTX(マトリックス)」の被害拡大について
4. 第 6 回ソフトウェアコンクールで WebMailer が受賞
Center News No.8
2000.11.21
http://www.cc.saga-u.ac.jp/
問い合わせ:業務室(8592)
センター相談:3202
月∼金 14:30 ∼ 16:30
1. 本学におけるネットワーク利用環境等に係る調査について
 全教職員を対象とした「本学におけるコンピュータとネットワークの利用環境に係る調査について(ご依
頼)」にご協力頂きありがとうございます。これまでに約半数の皆さんから回答が寄せられていますが、本学
のネットワークにおける利用環境の整備・拡充を進めるために、情報環境の現状及び要望等を幅広く寄せて頂
きたいと思っていますので、まだ回答されていない方は、是非調査にご協力をお願いします。
 なお、調査用紙を、このセンター・ニュースの裏面に印刷しています。提出期限が過ぎていますので、至急
各学部等の庶務担当係に提出して下さい。
2. オンラインシラバスシステムについて
 センターでは、新年度からの運用を目指して「オンラインシラバスシステム」の構築作業を行っています。
このシステムの概要を、教職員の皆さんに文書で近日中にお知らせします。
 また、このシステムのデモをかねた説明会を、来年1月(予定)に計画しています。
3. ウイルス「MTX(マトリックス)」の被害拡大について
 センター・ニュースNo.7でも紹介しましたウイルス「MTX」の感染報告が、これまでに学内で6件ありまし
た。MTXに感染した状況を聞くと、同じ送信者(MTXの感染者)から2通続けてメールを受信し、2通目のメー
ルに添付されているファイルを開いたときにMTXに感染しています。そのため、同じ送信者から2通続けてメー
ルが届いた場合は、2通目にMTXが添付されていることもありますので、2通目のメールが1通目のメールの
内容と関連したものではない場合は、2通目のメールに添付されているファイルを不用意に開かないようにご
注意下さい。
 また、MTXに感染した場合は、MTXの駆除・修復手順とワクチンソフト(AntiVirus)の貸し出しをセンターで
行っていますので、お問い合わせ下さい。
4. 第 6 回ソフトウェアコンクールで WebMailer が受賞
学術情報処理センターで試験運用しているWebMailerが、第6回ソフトウェアコンクール(主催:佐賀県高度
情報化推進協議会)において、アプリケーション部門(一般部門)の特別賞を受賞し、10月15日(日)に行われた
表彰式で、開発者の竹田暁彦君(大学院工学系研究科情報科学専攻)に賞が授与されました。


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。