※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

1. 学術情報処理センター発足の挨拶
2.「一般・研究用システム」の利用継続手続きについて
1 . 学術情報処理センター発足の挨拶
 従来の情報処理センターに代わって学術情報処理センターが発足致しました。発足までに数多くの皆様にご
支援いただきましたことを深く感謝いたします。
 当センターは、佐賀大学における学術情報を支える基幹情報システムを統括するとともに、大学の学術情報
環境の整備推進及び電子図書館機能の充実を図ることを目的としており、基幹情報ネットワークの整備維持、
共通的学術情報システムの整備維持、電子図書館の整備維持、情報化の技術支援、学術情報環境の整備推進の
業務を行うことが規定されています。今後、組織運営体制の整備を行い、業務を充実していきますので、ご期
待下さい。今春には、学外接続ネットワークの高速化を行う計画です。また、事務局ネットワークに対してセ
キュリティ強化を図るとともに、他の部分に対しても徐々に適切なネットワークの構成と管理体制を検討して
いく予定です。平成12年度末には電子図書館などの追加システムを導入しサービス拡大を図るよう作業中です。
引き続いて平成13年度末には現システムの更新を計画しています。
 教育・研究用システムの整備維持は、継続して当センターの大きい業務となります。それに加えて、直面す
る課題として電子図書館の推進とネットワーク管理の整備があります。電子図書館は、図書館と当センターの
協力の元で推進することになりますが、その方向性と具体像の策定には今後長期にわたる検討が必要です。ま
た、ネットワーク上のトラブルが多発しておりアクセス禁止法が施行された社会状況への対策が急務の課題で
す。当センターでは、快適な情報環境を構築するために一層の努力を重ねて参りますので、全学の皆様のご支
援とご協力をお願い申し上げます。
学術情報処理センター長 渡辺 義明
2.「一般・研究用システム」の利用継続手続きについて
 平成12年度の「一般・研究用システム」の利用継続手続きを行います。各利用者に「一般・研究用システ
ム利用継続申込書」を配布しますので、氏名欄に氏名(サイン)を記入し、4月21日(金)までに学術情報処理
センター業務室に返送して下さい。また、この利用継続申込書を提出されなかった場合は、利用の希望がない
とみなしユーザ登録の削除を行いますので、ご注意下さい。
Center News No.1
2000.4.3
http://www.cc.saga-u.ac.jp/center/news/
問い合わせ:業務室(8592)
センター相談:3202
月∼金 14:30 ∼ 16:30


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。