※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

CNC News No.24
2005.2.4
http://www.cc.saga-u.ac.jp/
問い合わせ
  本庄キャンパス(メインセンター) :8592
  鍋島キャンパス(医学サブセンター) :2154
パスワード変更URL
https://intauth1.edu.cc.saga-u.ac.jp/
1. ウィルス侵入によるネットワーク過負荷のお知らせ
 本庄キャンパスでは、複数のウィルスが侵入し多数のPCが被害にあっており、学内LANのトラフィック過負
荷が発生しています。また、鍋島キャンパスでもウィルスが原因と思われる学内LANのトラフィック過負荷が起
こっています。
 ネットワークを介して拡散するウィルスは、感染したPCが感染できるPCを探すときに大量の通信を行います。
そのため、ウィルスに感染したPCが多ければそれだけネットワークに過負荷がかかり通信障害を引き起こす原
因となります。ウィルスを持ち込まないこと、ウィルス対策を怠らないことなど日ごろから注意を払うように教
職員、学生の皆さんのご協力をよろしくお願いします。
 さらに、MSNメッセンジャーからウィルス(W32.Bropia.J)が侵入するという事例がありました。学内にウィ
ルスを侵入させないようにMSNメッセンジャーを利用しているユーザは利用を控えるなどご注意ください。
 
2. AntiVirus による緊急ウィルススキャンのお願い
 本庄キャンパスで確認されているウィルスは、W32_SPYBOT.WORM、W32.Randex.D、W32.Randex.gen、
Adware.Istbar、WORM_SDBOT.AFI、WORM_SDBOT.ALB、WORM_SPYBOT.HH、W32.Bropia.J です。
 これらのウィルスは、Windowsのファイル共有機能を使って感染を広げており、一度感染するとウィルスを駆
除してもファイル共有を使って何度でも感染します。
 学情センターでは、AntiVirusの貸し出しを行っていますので、ウィルス対策ソフトをインストールしていな
いユーザは、必ずAntiVirusをインストールしてください。
 本庄、鍋島両キャンパスの教職員、学生の皆さん、下記の手順でウィルススキャンを行ってください。
(1) AntiVirus の定義ファイルを最新版にする
(2) PCをネットワークから切り離す
(3) WindowsXP/Me は、システムの保護機能をオフにする
(4) PCをセーフモードで再起動する(起動時にF8キーを押す)
(5) AntiVirus でウィルススキャンを行う
 ウィルススキャンでウィルスの感染状況を確認してください。次に、AntiVirusのウィルススキャンでウィル
スが検出できない場合もありますので、セーフモードの状態で下記のファイルがシステムフォルダ上に存在する
か[スタート]→[検索]→[ファイルやフォルダ]を開きファイル検索で調べてください。
lmhosts.exe、msxml.exe、winfirewall.exe、mscrtl.exe、mscrt1.exe(数字が 1 ∼ 9 のファイルが存在する
場合もあり)
 上記のファイルがシステムフォルダ上にあった場合は、AntiVirusのウィルススキャンで検出されなかった
ウィルスですので、手作業でウィルスの駆除を行ってください。
 これらのウィルスに感染したPCは、再度ウィルスに感染しないようにするための対策として、Windowsのファ
イル共有を止めることが最善の方法です。Windowsのファイル共有を止める方法は、ローカルエリア接続のプロ
パティを開き、「Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有」を選択し[削除]ボタンをクリックしま
す。この対策を行うと他のPCとのファイル共有とWindowsのプロトコルを使ったプリンタの利用ができなくな
りますが、ウィルス感染を未然に防ぐ方法としては効果的です。
1. ウィルス侵入によるネットワーク過負荷のお知らせ
2.AntiVirus による緊急ウィルススキャンのお願い


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。