※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

CNC News No.20
2004.11.24
http://www.cc.saga-u.ac.jp/
問い合わせ
  本庄キャンパス(メインセンター) :8592
  鍋島キャンパス(医学サブセンター) :2154
パスワード変更URL
https://intauth1.edu.cc.saga-u.ac.jp/
1. 利用者サービスの案内
 学情センターでは、ネットワーク利用環境の変化に伴い、下記のように様々な方面にサービスを拡大しており
ます。
(1) コンテンツをアップロードするだけで部局等の公式ホームページを学外公開できるWebHouseサーバ運用。
(2) メーリングリストの運用担当者がホームページ上でメンバーの編集等ができるメーリングリスト運用。
(3) 学外から本学のメールが利用できるWebMailer運用。
(4) 最大B0サイズが印刷できる大型カラープリンタ利用。
(5) 無線および有線による教育用ネットワーク運用。
(6) ウイルス対策ソフト、オフィスソフト等のサイトライセンスソフト提供。
(7) ファイアウォール、メールウイルスフィルタ等の運用。
これらの利用に関してはホームページを見ていただくか、またはメインセンターまで問い合わせをお願いします。
さらに今後、下記のようなサービスの運用を目指して検討中です。
(1) メールの転送をホームページ上で利用者が設定できるサービス。
(2) 学会などで収集する論文等をホームページ上でアップロードできるサービス。
(3) SPAMメール対策サーバの運用。
 一方で利用者が極めて少数になったサービスについては、維持コスト削減のため順次停止させて頂きます。
以下の項では、今年度末に停止することを計画しているサービスについて説明致します。
 
2. PPP(ダイアルアップ)接続の運用終了予定のお知らせ
 メインセンター(本庄キャンパス)と医学サブセンター(鍋島キャンパス)では、学外から本学のネットワー
クが利用できるPPP接続のサービスを行っていますが、安価で高速通信のプロバイダの普及に伴いここ数年はPPP
接続の利用者も極めて少数になっています。また、PPP接続維持経費が、電話回線料金などで年間120万円ほど
かかっていることや無料で PPP 接続サービスを行っている Livedoor、α internet、soloot などのプロバイダ
などもあることから、来年3月末でPPP接続の運用を終了する予定にしています。
 なお、プロバイダの無料PPP接続サービスでメールを利用する場合は、ホームページでメールが利用できる
WebMailerをご利用ください。また、学内のサーバへのアクセスはSSHの機能を持った通信ソフトをご利用くだ
さい。
 
3. ニュースグループの運用終了予定のお知らせ
 学情センターが、ニュースグループの運用を始めた当初は、ニュースグループによる情報交換が盛んに行われ
ていましたが、ここ数年はホームページなどでの情報交換が主流となりニュースグループの学内利用者も極めて
少数になっています。このように学内におけるニュースグループの役割も終息傾向にあるため、来年3月末で
ニュースグループの運用を終了する予定にしています。
 なお、検索サイト「Google」がホームページから無料で利用できるニュースグループ閲覧検索投稿サービス
「Google Groups」を行っていますので、今後もニュースグループを利用したいユーザは、「Google Groups」を
ご利用ください。
1. 利用者サービスの案内
2. PPP(ダイアルアップ)接続の運用終了予定のお知らせ
3. ニュースグループの運用終了予定のお知らせ


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。