※センターホームページ内を検索します。

HOME > センター発行物 >

[Tips] もし本文が右のカラムに重なって読めないときは、カラムを「隠す」ボタンカラムを隠すを押して隠せます。

CNC News No.11
2004.5.17
http://www.cc.saga-u.ac.jp/
問い合わせ
  本庄キャンパス(メインセンター) :8592
  鍋島キャンパス(医学サブセンター) :2154
パスワード変更URL
https://intauth1.edu.cc.saga-u.ac.jp/
1. ファイル交換ソフトによる著作権侵害行為に対する注意
 ファイル交換ソフトは、他のPCに納められた音楽や映画などのデジタルデータをネットを介して送受信でき
るソフトで、音楽や映画などの著作権を侵害する恐れがあります。
 このファイル交換ソフトの一種である「Winny」の開発者が著作権法違反の幇助(ほう助)の疑いで逮捕され
ました。また、Winnyを利用して映画ソフトの公開を手助けした男性とゲームソフトを公開した男性が著作権法
違反の疑いで逮捕されています。
 学情センターでは、これまでにニュース等で「ファイル交換ソフトによる著作権侵害行為」に対する注意を何
度も行っていますが、学部学科、研究室等でもスタッフ、学生などに著作権侵害行為に対する注意と指導を再度
お願いします。
 
2. 迷惑メール(SpamMail)の対処方法
 学情センターに「迷惑メールなど不要なメールが大量に送られてきているので、何とかならないでしょうか」
という相談が多数寄せられるようになりました。
 学情センターでも、SpamMailの対策について検討していますが、個人宛てにきたメールの中からSpamMailを
削除するには、個人毎に違う削除条件をどのように収集してデータベース化するかなど問題も多く、SpamMailの
対策に踏み切れないのが現状です。
 そこで、ユーザ個人でSpamMail対策ができる方法を調査してみたところ、SpamMailの氾濫によりPC上で動
作するSpamMail自動削除ソフトが多数作成されていることがわかりました。
 SpamMail自動削除ソフトは、SpamMailの送信元メールアドレスなどを削除条件に登録しメールサーバに届い
たメールを検索して削除条件に合致したメールを削除する仕組みになっています。
 学情センターでは、Windows で動作するフリーソフト Spam Mail Killer で SpamMail 自動削除ソフトの検
証を行ってみました。このソフトをインストールし、毎日送られてくるSpamMailの送信元のメールアドレスや
ドメインなどを削除条件に登録していきました。1週間程度でかなりのSpamMailが自動削除されるようになり、
毎朝行っていた100通ほど届くSpamMailの削除作業から解放されました。なお、このソフトは単独で動作す
るため、このソフトを常駐させ15分間隔でメールサーバにアクセスしSpamMailを自動削除するように設定し、
メールソフトは60分間隔で新着メールを確認するように設定して利用しています。
 SpamMail自動削除ソフトには、製品化されているソフト、シェア(有料)ソフト、フリーソフトが有ります。
中にはメールソフトと連動できるソフトもありますので、ソフトの機能や皆さんのメール利用環境にあったソフ
トを探してSpamMailの対策を行ってみてください。なお、MacOSXv10.3のメールソフト「Panther」は、SpamMail
検出・撃退機能を持っています。
1. ファイル交換ソフトによる著作権侵害行為に対する注意
2. 迷惑メール(SpamMail)の対処方法


※上記の内容はPDFファイルを自動的にテキストに変換しています。

カレンダー

演習室時間割


ゲスト用おすすめリンク

:シングルサインオンでログインできます

  • 佐大関係者は限定情報やリンクにアクセスするため、なるべくログインしてください。